【ポイ活】チャンピオンストライク タワーレベル7達成の攻略まとめ

アプリ攻略
公開日:2024/05/16
記事内に広告が含まれています。
coincome登録content
ポイントサイトのポイントインカムcontent
ポイ活ならワラウ

チャンピオンストライク タワーレベル7達成の攻略まとめ

チャンピオンストライク タワーレベル7達成までの攻略内容をまとめています。

2024/05/16現在

チャンピオンストライクはどんなゲーム?

リアルタイムストラテジーゲームの要素を取り入れたカードバトルゲームです。プレイヤーは「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターを操り、デッキに組み込んだカードを駆使して敵陣を攻撃します。シンプルな操作性と深い戦略性が魅力で、多彩なチャンピオンやユニット、スペルを組み合わせたデッキ構築が楽しめます。初心者から上級者まで楽しめる要素が満載で、世界中のプレイヤーとリアルタイムで対戦することができます。

ぶっちゃけ、クラッシュ・ロワイヤルと同じようなゲームです。

チャンピオンストライク タワーレベル7達成の攻略について

タワーレベル7の到達までは5時間程度で可能です。

ポイントサイトの達成期限は10日になっていますが、問題なく達成可能になっています。

タワーレベル7について

カードのレベルを上げるときに獲得できる経験値を集めることでタワーレベルを上げることができます。

流れとしてはカードを集めて、カードレベルを上げて、タワーレベルを上げるになります。

カードの強化には、同じ名前のカードが複数枚とゴールドが必要になります。

タワーレベル7達成までの攻略

カードを集める6つの方法

カードを集めるには6つの方法があります。

  1. バトル後の宝箱
  2. ショップ
  3. シーズンパスの報酬
  4. グレード報酬
  5. クランリクエスト
  6. デイリーミッション

バトル後の宝箱

バトル後に宝箱を獲得できます。
この宝箱は一定時間経たないと開けられないのですが、広告を視聴すると3時間の短縮ができます。

ショップ

ショップ内で1日1回しか買えないアイテムと購入するたびに必要なゴールド量が上がっていく商品があります。

1日1回限定で購入できるアイテムは必要ゴールドがお得になっているので交換しましょう。

シーズンパスの報酬

バトルで勝利するごとに溜まっていくポイントが一定まで貯まると報酬が獲得できます。

カードが入手できる宝箱が報酬に入っています。

グレード報酬

バトルに勝利すると獲得できるメダルも貯まっていくと報酬がもらえます。

1勝利で50メダルくらいがもらえます。
この手のゲームが好きな方はプレイしまくって(勝利しないといけないですが)コインを集めて報酬をたくさんゲットしていくのもおすすめ。

クランリクエスト

クランに入ってカードのリクエストを出しておくと、他のクランメンバーからカードをもらえることがあります。

ランクが低いカードなど、ガチ勢が使わないようなカードであればリクエストすることでいただけることも。

デイリーミッション

デイリーのミッションをこなすことでカードがもらえます。

ミッションは一定時間経たないと、次の項目が出てきません。
すぐに次のミッションをしたい場合、広告視聴をしないといけません。

ゴールドの入手方法

カードの強化に必要なゴールドの入手方法はショップでルビーと交換して獲得します。

ルビーの入手方法

ルビーの入手方法は下記。

  1. ミッション達成の報酬
  2. 無料の広告視聴

ミッションの内容によって、報酬がルビーのときがあります。

無料の広告視聴では、ルビーの他にカードの入手もできます。
ラッキースピンではゴールドやルビーが当たることがあるので、広告視聴は欠かさずやっておきましょう。

ラッキースピンで大量のゴールドやルビーを獲得できるとタワーレベル7までの道のりがグッと近くなります。

チャンピオンストライク タワーレベル7達成の攻略まとめ

この手のゲームは、入手できるカードの強さによって左右されることが多いですがチャンピオンストライクはデッキの組み合わせ次第で戦うことができます。

ポイ活の達成期限は20日程度と長いですが、実際のプレイ時間は短ければ数時間でレベル7まで到達可能です。

5月中にポイントインカム登録でAmazonギフト券1,000円ゲットのチャンス!

5月中に下記リンクからポイントインカムの新規登録で200円がすぐにゲットできます。さらに、今月中にポイント交換を完了すると交換ボーナスとして100円とAmazonギフト券1,000円分が必ずもらえます。

Amazonギフト券1000円分がもらえる!ポタ友応援キャンペーンの詳細はこちら

関連記事

その他の関連記事